top of page

ドル売り円買いの動きが継続

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 昨日のNY市場で値を落としたドル円。ロンドン市場で112円08銭前後まで上値を伸ばした後、ロンドン市場では112円ちょうど前後での推移が続いていたが、NY市場に入って米債利回りが低下したことなどをきっかけにドル売りの動きが強まった。米株式市場も軟調な動きを見せ、リスク警戒での円買いも入る展開となり、ドル円はドル売り円買い広がった。


 東京市場に入っていったんはドル買いの動き。朝はNY引け後につけた111円20銭台からの買い戻しが優勢で、111円50銭近くまで買いが入る場面が見られた。しかし株安の動きなどが重石となり、上昇一服後は売りが出る流れ。NY夕方の安値も割り込んで111円12銭前後まで。


 129円台の回復が見られたユーロ円が128円60銭台を付けるなど円買いの動きも優勢に。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Commentaires


bottom of page