外国為替証拠金取引とは

 ―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―

​​

外国為替証拠金取引って何?

 

 外国為替取引とは、日本円と米ドルなど、異なった2つの通貨を交換する取引を指し、証拠金取引とは、証拠金を担保にその何倍もの金額を運用する取引を指します。また、証拠金取引には、「レバレッジ」が存在し、小さな金額を預けて大きな金額を動かす原理を、小さな力で大きなものを持ち上げることができるてこ(レバレッジ)になぞらえて、『レバレッジ効果』といいます。

 つまり、外国為替証拠金取引(FX)とは、証拠金を元手に、外国為替にレバレッジをかけて取引する商品です。少ない証拠金を元手に、その何倍もの資金が運用できるので、為替相場が思惑通りに動くと大きく収益をあげることができますが、一方で思惑とは逆方向に相場が変動すると大きな損失を被ることがあり、損失が証拠金の額を上回ることもあります。

 

外国為替証拠金取引の特徴

 

1. 少ない資金で大きな取引ができる

外国為替証拠金取引(FX)は、レバレッジを利用し、少ない証拠金を元手にその何倍もの金額を運用することができます。(個人の場合は最大25倍、法人の場合は過去の相場変動に基づき各取引業者が定める額)

2. 金利差で収益を得られるチャンスも!​

外国為替証拠金取引(FX)では、2つの通貨の金利差で収益を得られるチャンスがあります。一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差からその差額(スワップポイント)を受け取ることができます。逆に、金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買う場合は金利を支払うことになります。また、2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの受払額は少なくなり、金利差が逆転するとスワップポイントの受取りと支払いの関係が逆転します。(※稀に一部の通貨において、価格が不安定な状況となった場合に、金利差を反映しない場合がありますので、ご注意ください)

3. 売りから取引できる

外国為替証拠金取引(FX)は、外貨を買うだけでなく、売ることからでも取引をスタートできます。そのため、円高傾向の場合でも、利益を得るチャンスがあります。

4. 24時間取引可能

為替市場は24時間、世界のどこかで動いています。お仕事がお忙しい方でも、ご帰宅後などいつでもお取引になれます。

 

きほんのきほん、FXの利益は2通り!

 

1. 取引による為替利益

安く買って高く売却し売買益を出すのは、FXも株式も一緒。ただ、一般的な株(現物取引)と違うのは、外国為替証拠金取引(FX)では先に売ってあとから買い戻すことができます。

2. 金利(スワップ)差による利益

スワップポイントを受け取ることによって、利益を得ることができます。

 

FXでかかる費用

 

1. 取引手数料

売買にあたって支払う売買手数料のことを指します。取引業者によっては、手数料が無料の場合もあります。

2. スプレッド

外国為替証拠金取引(FX)には「買いレート(ASK)」と「売りレート(BID)」の2つの価格があり、その価格差のことを「スプレッド」といいます。このスプレッドが狭ければ狭いほど、取引で利益を出しやすくなります。(※スプレッドは、相場状況に応じて変動する場合がありますので、ご注意ください)

 

外国為替証拠金取引にかかるリスク

 

 外国為替証拠金取引(FX)は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引(FX)は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがありますので、投資する際は、十分に注意しましょう。