top of page

介入警戒さらに強まるも地合いは堅調、150円目前

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 ドル円は海外市場で149円90銭台磨d。150円の大台が迫っている。介入期待が相当に強まっているが、海外市場でじりじりと上げ、東京市場では介入警戒で下値はしっかりも、上値トライが目立たない状況で、当局としても入りにくさがあるとみられる。ただ、心理的にも大きな節目となる150円をまでに介入期待が相当に強まっているとみられる。


 もっとも、ドル高の主要因である米FRBの積極利上げ姿勢と、日本の緩和維持の動きが変わらない以上、ドル高基調は継続。東京市場で大規模介入が入ると、それなりの値幅が出ると思われるが、海外市場で入りにくくなるとドル買いが入る可能性も。また東京市場が機能などと同様に介入警戒で上下とも動きにくくなると、介入警戒の後退する海外市場でじりじりと上昇する展開も。150円台突破を視野に入れた展開となりそう。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

bottom of page