米雇用統計に注目、市場の米早期利上げ観測に影響も

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 きょうは今年初の米雇用統計発表となる。12月の非農業部門雇用者数の伸びは44.7万人程度と予想されており、前回11月の21万人からの大幅増加が見込まれている。失業率は4.1%と前回の4.2%から一段と低下する予想。


 先日の米FOMC議事録では、利上げ時期の前倒しについて言及されており、市場では3月の利上げ開始観測が広がってきている。これまで、年3回の利上げが見込まれてきたが、4回の可能性も指摘されている。米FOMCの利上げ開始は既定路線化している。きょうの米雇用統計結果の強弱が、市場の利上げ開始時期や年内ペースの観測にも影響を与えるものとみられる。


 米債動向と米株動向の兼ね合い次第で、ドル相場と円相場の動きが交錯しそうだ。また、週末を控えていることもあり、短期筋からはポジション調整も入りやすい。神経質な展開になることが予想される。


 米雇用統計のほかにも経済指標発表は多い。スイス失業率(12月)、スイス小売売上高(11月)、ドイツ鉱工業生産(11月)、ドイツ経常収支(11月)、ドイツ貿易収支(11月)、ユーロ圏小売売上高(11月)、ユーロ圏消費者物価指数・速報値(12月)、ユーロ圏消費者信頼感・確報値(12月)、ユーロ圏景況感(12月)、カナダ雇用統計(12月)、カナダIvey購買担当者景況感指数(12月)など。


 発言イベント関連では、ボスティック・アトランタ連銀総裁、デイリー・サンフランシスコ連銀総裁、マン英中銀委員などの講演やイベント参加が予定されている。米英はいずれもタカ派に方向転換した中銀として今後の動向が注目されている。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------