top of page

NY連銀総裁 長期的インフレ期待はFRBの2%目標に沿ったもの

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は下記のようにコメントした。


 世界的に注視されているインフレ上昇については、長期的なインフレ期待はFRBの2%目標に沿ったものである。インフレ期待が低すぎるレベルに固定されてしまうと、時間の経過とともに実際のインフレ率が低下してしまう。現在、経済には大きな不確実性がある。


 米国の住宅価格については、米国の住宅価格は急速に上昇しており、資産評価額はかなり高くなっている。その要因は、低金利環境とパンデミックの影響である。住宅価格の上昇は金融の安定性に対するリスクではなく、銀行の資本力は前回の危機時よりも向上している。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page