東京為替:ドル・円は底堅い、ユーロ・ドルの一段安で

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


17日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、110円60銭台を維持する。欧州勢によるユーロ売りで、ドル・円はユーロ・円に連れ安し110円60銭まで下落。ただ、ユーロ・ドルが1.1970ドル台に弱含み、ドルは値を戻した。一方、米金利は上げ渋り、ドルは仕掛けづらい。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円60銭から110円82銭、ユーロ・円は132円61銭から132円88銭、ユーロ・ドルは1.1972ドルから1.2006ドル。